マンションリフォームをお考えの方へ

マンションもリフォームの工夫次第で大きなイメージチェンジが可能

マンションは一戸建て住宅と異なり、「共有部分」があることから「限られたリフォームしかできないのでは?」とお考えの方もいらっしゃいます。しかし、建物ごとに定められた管理規約や制限などを正しく理解しておけば、ご自分の趣向を反映した空間にリフォームすることも十分に可能。条件によっては、大がかりなリノベーションも不可能ではありません。

マンションリフォームリノベーションを手がけてきた経験が豊富な東京都品川区の「株式会社フラット」では、お客様のご要望や現状に合わせて、できるだけ無駄なく理想的な施工をご提案しています。戸建住宅とはまた違うリフォーム・リノベーションの楽しみを、お客様に感じていただくこともできるでしょう。「こんなことできる?」というご相談も、お気軽にお寄せください。

マンションリフォームのチェックポイント

マンションリフォームを検討する際には、リフォームが可能な部分と制限がある部分とをしっかり理解しておきましょう。建物ごとに管理規約や制限は異なりますが、ここでは一般的に「OK」「NG」とされやすいポイントをご紹介します。

リフォームできる
内装
クロス貼り替え
室内ドア交換専有
玄関ドア
室内側の塗替え
室内側のシート貼り専有
コンセント増設専有
水廻り設備
キッチン・トイレ・
浴室設備などの増設専有
床暖房増設専有
リフォームできない場合がある
換気扇の移設専有 エアコンの増設共用 フローリング貼替え専有
ガーデニング
サンルーム共用
バリアフリー工事専有 排水管の移動専有
IHクッキングヒーター
への変更専有
リフォームできない
玄関ドアの交換共用 窓側ガラス・
サッシの交換共用
パイプスペース
の移設共用

マンション構造を確認しましょう

マンションの構造によっては、専有部分の大幅な間取り変更も可能になることがあります。通常は構造によって制約が設けられているケースもありますので、リフォーム・リノベーションを検討されている建物の管理者などに、「どこまで変更が可能か」をきちんと確認しておく必要があります。

RCラーメン構造 RC壁式構造
建物が柱と梁で支えられています。部屋の隅を見て、柱や梁の出っ張りがあるかないかで確認できます。こうした柱や梁以外の室内の間仕切り壁は取り外しできるケースが多く、リフォーム・リノベーションの自由度が高くなります。 床・壁・天井の「面」で支えられている構造です。住居スペース内には撤去不能な間仕切り壁がありますので、大きな変更はできません。見た目だけでは判別しにくいので、管理者の確認や、施工業者の現地確認が必要です。

管理組合への届け出

マンションリフォーム・リノベーションを行うときは、建物の管理者へ届け出を行う必要があります。ここで言う管理者は、管理会社の場合もあれば入居者で組織した管理組合の場合もあります。いずれにせよ、届け出について取り決めがありますので、施工を行う建物の管理者へ問い合わせてみましょう。

届け出の必要事項

届け出の形式や内容項目はマンションごとに決められています。通常は、部屋番号・施主氏名、工事内容・期間、施工業者・現場責任者の連絡先を知らせる必要があります。資料添付や図面の提出が求められるケースもあります。

届け出のタイミング

マンションリフォームを届け出るタイミングも、管理者によって異なります。早めに届け出が必要なこともあれば、ギリギリでも大丈夫な建物もあるので一概には言えません。管理組合などが組織されている場合は、理事会承認のために日数が必要なケースもあり、承認が遅れると工期も伸びてしまうことが考えられます。あらかじめ工事期間から逆算して、届け出のタイミングを確認しておきましょう。

誰が届け出を出すの?

一般的に、リフォーム・リノベーションの施主様が提出するケースがほとんどですが、業者の代行でも認められる場合があります。株式会社フラットでは、ご依頼いただいたケースに応じて、必要な書類の手配や届け出に関する事務手続きの代行もお任せいただけます。

お問合わせ マンションリフォームについて何なりとご相談ください。 フリーダイヤル 0120-184-051 FAX 03-3786-9927 メールからの お問合わせはこちら 24時間受付中
リフォームメニュー一覧
リフォームをお考えの方へ
フラットについて

リノベーションの あれこれ

  • 中古物件でリノベーション
  • お金のはなし
お問い合わせはこちら 0120-184-051お問合わせフォーム
Pagetop