リフォームとリノベーションの違い

建物に手を加える「リフォーム」と「リノベーション」……違いは何?

近年よく耳にするようになった「リノベーション」という言葉。リノベーションは一戸建て住宅マンション中古物件などの増改築を含めた大規模なリニューアルを意味する施工ですが、「リフォーム」との違いについてよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こちらでは、東京都品川区の「株式会社フラット」が、リフォームとリノベーションの違いについてご説明します。

リフォームとリノベーション、一体何が違う?

リフォームとは?

リフォーム(reform)は、老朽化に応じて建物や設備の機能や美観を新築時の状態に戻す作業のこと。賃貸住宅の場合は、入居者が退去したのちに汚損などを修復する「原状回復」もリフォームに入ります。基本的な性能を元通りに戻すことが主たる目的となるので、「劣化によってマイナスになってしまった機能や見た目をゼロに回復(修復)させる施工」ということになります。

次のような工事は、一般的にリフォームの範囲です。

キッチン設備の変更・交換 老朽化した住宅設備の交換 給排水管設備の交換
壁紙の貼り替え 畳・障子・ふすまの貼り替え 外壁塗装の塗り替え
リノベーションとは?

リノベーション(Renovation)というもともとの単語には、「革新」「刷新」といった意味が含まれています。リフォームが機能面や見た目を「マイナスからゼロに戻す」ための施工であるのに対し、リノベーションは「マイナスからさらにプラスアルファのレベルにまで改修し、新しい価値を加える施工」を指します。

次のようなリフォームよりもワンランク上の変更は、リノベーションの範囲になります。

大幅な間取り変更 耐久性・耐震性・防火性能
向上のための補強
デザイン性の高い
内外装の変更
省エネ住宅化 スケルトンリフォーム 遮音性向上など
騒音対策

あいまいになりつつある「言葉の使い分け」

実際のところ、リフォームとリノベーションの言葉の使い分けは曖昧になりつつあります。住宅設備や資材・建材の品質および機能性の進歩はめざましく、リフォームでもかなり性能や美観を向上させることができるからです。2つの違いに線引きをすることは難しいのですが、工事が大がかりになりがちな間取りや配管・配線の変更、大型設備の刷新、使用目的を変更するための改修などはリノベーションと捉えられるケースが多くあります。

実際には、リフォームとリノベーションという言葉の使い分けが重要なのではなく、「お客様がなにに困っているのか」「どんな改修・補修を望んでいるのか」「それによってどんな生活を送りたいのか」を明確に把握することが重要です。フラットではお客様目線の提案と責任施工、そしてお客様の理想の実現にこだわっています。

お問合わせ 住宅・店舗・オフィスのリフォーム・リノベーションのご相談はお気軽に フリーダイヤル 0120-184-051 FAX 03-3786-9927 メールからのお問合わせはこちら 24時間受付中
リフォームメニュー一覧
リフォームをお考えの方へ
フラットについて

リノベーションの あれこれ

  • 中古物件でリノベーション
  • お金のはなし
お問い合わせはこちら 0120-184-051お問合わせフォーム
Pagetop