中古物件でリノベーション

中古物件の魅力を創出。これぞ、リノベーションの醍醐味

「ワンランク上の施工によって中古物件を価値の上手によみがえらせること」は、まさにリノベーションの醍醐味と言えるでしょう。家を新築するよりも費用を抑えることができるので、グレードの高い施工や思い通りの施工が実現しやすいというのがリノベーションの魅力のひとつです。

中古物件のリノベーションに関してさまざまなノウハウを持つ東京都品川区の「株式会社フラット」では、一戸建て住宅マンションスケルトンリフォームを承っています。「まずは話だけでも聞いてみたい」という方は、お気軽にご相談ください。

中古住宅をリノベーションするメリット

リノベーションを検討されている方は、中古のマンションや一戸建て住宅を探すところからスタートされるケースがほとんど。というのも、中古物件だからこそ得られる、他にはないメリットがあるからです。

新築では難しいデザインにもトライできる

新築物件では冒険しにくいデザインも、中古物件の構造や雰囲気によってはリノベーションで比較的容易に実現できることがあります。自分たちが望むライフスタイル、暮らしたい空間を創造するなら、中古物件の方が「トライしやすい」という現状があります。

購入前に状況を確認できる

中古物件は、間取り、風通し、電気配線、配管など、購入前にさまざまなポイントから検討ができます。建物の住宅診断を通じて、問題がある箇所は最初から手直しすることが可能。既存の構造を把握することで、制約があるからこそアイデアが豊かに湧き出て来るといったメリットもあります。

予算を理由に諦めなくて済む

好みの家を手に入れるときに、予算的に新築では見合わないというケースがあります。そういったときに、理想の実現を諦めたり妥協したりしては、入居後の満足感につながりません。中古物件を利用したリノベーションだからこそ、新築よりも費用を抑えることができ、思い通りの家づくりが可能になることがあります。

下地から考える中古リノベーションの2つの手法

中古物件のリノベーションでは、既存の建物の構造をうまく利用して、それまで以上の機能性や魅力を引き出すことも可能です。

「下地を残す」とは?

中古物件ならではの改修手法に、「下地を残す」こと、つまり既存の構造物や間取りを活かしたリノベーションがあります。「新築のほうが、自由度が高いのでは?」と思われるかもしれませんが、あるものを活用して工事コストを抑えることで、余った予算を設備のグレードや仕様のランクアップに使ったり、こだわりの部分に回したりできるのです。

すべて壊してスケルトンに

スケルトンとは、中古物件の既存設備をすべて撤去して「骨格・骨組」にし、間取りだけでなくすべての設備や内装を一新する手法のこと。断熱性能や配管など、目に見えない構造上のデメリットも、スケルトンリフォームで解決できることがあります。自由度の高いデザインが選択できるだけでなく、住宅の性能を大幅に向上させられることがスケルトンの大きなメリットです。

リノベーション事例はこちら

お問合わせ メールでのお問い合わせはこちらから。24時間受付中です。 フリーダイヤル 0120-184-051 FAX 03-3786-9927 メールからの お問合わせはこちら 24時間受付中
リフォームメニュー一覧
リフォームをお考えの方へ
フラットについて

リノベーションの あれこれ

  • 中古物件でリノベーション
  • お金のはなし
お問い合わせはこちら 0120-184-051お問合わせフォーム
Pagetop